遺伝と薄毛についてなど、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育毛剤で効果が出ないって人多いですよね。何を隠そう私自身育毛剤にどれだけの料金と期待をかけたことかw新しく俳優さんを起用したりして宣伝される発毛剤などすぐに買っていた時期がありましたね。育毛剤も消耗品なのでそれなりに家計を圧迫します。効果は出ないし、金はかかるしで、非常に苦い経験を覚えています。... 続きを読む
スポンサーサイト
多汗症の人は頭皮にも汗を書きやすい場合があります。
精神的なストレスなどで発汗する多汗症の場合、頭皮にもぎっしりと汗を書く人がいます。
多汗症だから薄毛になるとは限りません。
しかし、精神的な多汗症で悩んでいる人はストレスを抱えている場合が多く、その事が原因で薄毛になる可能性はあります。
ストレスによって自律神経が乱されてしまいます。
ストレスによって末梢神経の血流が悪くなってしまい、頭皮への血流も悪くなります。
すると、当然栄養や酸素が運ばれにくくなり、髪が育てなくなるのです。
また、内蔵機能の低下の原因にもなります。
営業マンなどがストレスで胃を悪くするのは、この自律神経のバランスが乱れることに原因があります。
内蔵機能が低下することでタンパク質の吸収も悪くなり、髪への栄誉も届きにくくなります。... 続きを読む
デコが広いのは遺伝です。
もともとの生え際が後退していっているのであれば、それは薄毛です。
デコが広いだけでハゲると意地悪を言う人がいます。
しかし、これは全く根拠になりません。
頭皮や生え際のラインなどは遺伝です。
たまたま生え際が後ろになってしまったというだけで、ハゲやすいという目安ではありません。
もちろん、年々生え際が後退してきているような人は別です。
このような人は、放置すればドンドン後退していって、生え際が元々どこだったかすら分からなくなるでしょう。
AGAの薄毛進行のパターンですので、生え際が去年よりも後退しちゃったかなぁという人。
AGA治療を始めてみましょう。
M字が剃り込みを入れたようにハゲてきていませんか?... 続きを読む
AGA脱毛症の代表原因の一つに男性ホルモンがあります。
これは男性ホルモンであるテストステロンが変化して出来るあるホルモンに問題があるといわれます。... 続きを読む

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。