酒の飲みすぎによる薄毛など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒は百薬の長などと言われます。
古くから人間と関係の深い飲み物として愛され続けています。
しかし、アルコールは時として命を落とす危険性も秘めています。
急性アルコール中毒です。
毎年、新春のコンパの時期に、大学生などが救急車で運ばれています。
それほど、過剰な摂取には注意が必要です。

また、お酒の飲みすぎは、髪へのダメージも大きい事で有名です。
酒飲みにフサフサはいない!
以前、私の先輩が行っていました。
まぁ実際にはいるんですけどね(笑)

しかし、AGA男性型脱毛症の原因の一つである食生活。
この中にアルコールの過剰摂取などが含まれます。
アルコールは、アセトアルデヒドという物質を肝臓で分解して発生させます。
アセトアルデヒドは男性ホルモンの一つである強力な脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン」
この脱毛作用を強めてしまうといわれています。

また、アルコールを飲みすぎた次の日は二日酔いとなり、食生活が乱れてしまう傾向にあります。
だらだらと家で一日を過ごしてしまい、生活のリズムも崩れてしまいます。
当然、薄毛の原因となりうる生活習慣へと繋がってしまうのです。

ビールに焼酎、カクテルにサワーなど。
飲み会に行けば、美味しいお酒が沢山あります。
ついつい飲みすぎてしまうのも分かりますが、薄毛を気にする人は控えるべきでしょう。
また、脂っこい食事が多く食べ過ぎてしまう傾向にあります。
お酒の席ではタバコはつき物ですので、吸う吸わない関係なく健康に悪影響を与えやすくなります。
受動喫煙のほうが、体に悪いので吸わない人も健康を害してしまうリスクが高まります。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。