パーマでハゲるって本当?など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーマとかカラーとかって髪に悪いのかなぁ?
まぁたぶん悪いんだろうなぁ~。
薄毛を気にしている人は、パーマは控えるべきでしょう。
髪にボリュームが無くなってくると、まず思いつくヘアアレンジがパーマでしょう。
パーマでうねりをつけて、ボリュームアップする事ができます。

しかし、それは元気な髪があればこそです。
パーマを使う事で更に薄毛が悪化してしまっては本末転倒です。
パーマも薬剤を使って髪を弄るので、それなりに頭皮ダメージのリスクが伴います。

パーマの薬剤には2つの薬剤が使われます。
通称、第一液、第二液と呼ばれます。
両者とも化学薬品であり、頭皮にダメージを与えやすいと言われます。
頭皮がダメージを受けることで、スカルプトラブルの原因となります。

頭皮トラブルには炎症、ニキビ、吹き出物、フケ、かゆみ、乾燥など。
様々なトラブルが生じるリスクが高まります。

普段からお洒落としてパーマを楽しんでいる人も多いでしょう。
しかし、薄毛を気にする人、薄毛で悩んでいる人。
パーマで薄毛を誤魔化す事が目的であるならば、改めるべきでしょう。

パーマでボリュームを出して、薄毛を誤魔化していても、ドンドン薄くなっていきます。
縮毛矯正なども同じように、頭皮へのダメージが危険視されています。
若ハゲの人などは、カラー、パーマなどは控える事をオススメします。

育毛の為にも、髪に良い生活を心がけましょう。
髪を傷めるような事は繰り返せば繰り返すほど、あとからダメージが帰ってきます。
薬剤で頭皮を痛めた後に、育毛剤を使っても効果は期待できません。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。