ヘアカラーで頭皮を痛める?など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭皮トラブルは薄毛の元です。
ヘアカラーによって頭皮を痛める可能性があります。
ヘアカラーに使われている薬剤はパーマ剤と基本的に同じです。
第一液、第二液と呼ばれる薬剤によって髪の色を強制的に代えてしまいます。
ヘアカラーはキューティクルを開いて、その隙間から色素を吸収させてカラーします。

ヘアカラーよりもヘアマニキュアのほうが、ダメージはすくないと言われます。
逆にブリーチは一番といって良いほど、頭皮や髪への負担が大きいと言われます。

薄毛を気にする人は、ヘアカラーやブリーチは控えましょう。
薄毛をかくすために、金髪にしている人も見かけますね。
私自身も一度経験がありますが、確かに誤魔化せます。
まぁあくまで遠目に見た感じがですが・・・。
近くで見れば薄いのは目立つので誤魔化すにも限界があります。

ブリーチなどのヘアカラーは非常にダメージが大きいと言われます。
一時的に誤魔化す目的でブリーチすれば、それによって頭皮への負担が大きくなります。
どうしても白髪染めなどでカラーしたい人にオススメ。
それは、化学染料を使わない天然の染料によるカラーリングです。

それは、ヘナです。
ヘナは天然成分の染料ですので、頭皮や髪への負担は少ないです。
メリットは頭皮への負担が少なく、育毛に取り組んでいる人にオススメなところ。
逆にデメリットは、軽く茶髪になる程度で、色々な色を楽しめないと言うところです。

ヘアカラーで頭皮を痛めてしまっては、それが原因で薄毛に繋がる可能性があります。
頭皮トラブルはハゲの元です。
育毛に取り組む上で、まずは頭皮環境を整える事。
そのためには、様々な角度からの育毛が大切です。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。