直射日光による抜け毛の増加など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直射日光による紫外線対策。
あなたは紫外線対策(UV対策)をしっかりとしていますか?
紫外線って非常に危険だってニュースなどで騒がれていますよね。
浴びすぎると皮膚ガンになるとか、怖いニュースも流れていますね。
いまどきの日焼けブームで、過度に焼きすぎている若者とか多いですが、心配ですね。
私は、自分から日サロなどに通った事はありませんが、まわりの友達などは仕事帰りに日サロで焼いている人もいます。

たしかに、コンガリ黒くなっていると男らしく見えますね。
格好良いなぁって思う気持ちも正直あります。
しかし、私の場合は頭皮の心配があるので絶対に日サロには行きません。
まして、紫外線を直射日光で浴びたりなどは出来るだけ避けるように心がけています。
だって薄毛の原因になるって言われていますから、当然育毛に取り組んでいる身としては避けるのが当たり前です。

紫外線によって頭皮の皮脂が酸化してしまうそうです。
頭皮の皮脂っていうのは脂ですね。
皮脂をマイナスイメージで捉える人が多いみたいですが、これにもちゃんとした役目があります。
頭皮の乾燥や雑菌の侵入防止など、適度な量の皮脂は頭皮にとって必要です。

頭皮の皮脂が酸化すると過酸化脂質という物質に変わります。
これは、頭皮を詰まらせてしまう原因になり、毛根などへのダメージを与えてしまいます。
特にスクワレンという皮脂の中の成分が、紫外線などの活性酸素に弱く、過酸化脂質になりやすいといわれます。

環境破壊でフロンガスの影響で、オゾン層が破壊されているといわれます。
これによってより有害な紫外線が地上に降り注いでいます。
単純に頭皮が日焼けする事で髪がパサパサになったり頭皮の生理機能が落ちて頭皮トラブルの原因になったりします。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。