毛根に白い物質が…など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛根を見ることで正常な抜け毛か異常な抜け毛かの大体の判断が付きます。
その毛根ですが、時々毛根に白い物質が付いていることがありませんか?
白くてベトッとした物質が毛根にこびりついていることがある人。
それは、皮脂の塊である可能性が高いです。
そして、それだけ毛根に白い物質が付くほど、皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。

ご存知の通り、皮脂が溜まりすぎると毛穴を塞いでしまい、皮脂の分泌がスムーズに行かなくなります。
また、毛穴にたまった皮脂は外に出されずに詰まることで、酸化してしまい毛根をダメージする物質に変わってしまいます。

毛根をチェックしてやせ細っている人は、異常脱毛の恐れありです。
正常な脱毛であれば、ヘアサイクルを経て抜けるべくして抜けます。
毛根は綿棒やマッチ棒のように膨らんでいるのが正常な脱毛です。
白くベトベトしたものが付着している場合は、皮脂の除去不足かもしれません。

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は様々です。
その一つがシャンプーが合っていないこと。
しっかりと皮脂が取り除けないようなシャンプーを使っていると、皮脂が溜まってしまい頭皮トラブルの原因となります。
それを放置すれば、毛根を痛めてしまい、薄毛へと繋がっていきます。
薄毛を気にしている人は注意しましょう。
AGAになる危険性があります。

毛根に白い物質が付着しているケースは必ずしも皮脂だとは限りません。
場合によっては、毛根鞘という毛根を固定する働きをする組織が付着しているだけのケースもあります。
これは正常な抜け毛にも付着する事はあり、特別に薄毛とは関係が無いと考えられています。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。