男性ホルモンを抑制するには?など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AGA脱毛症の代表原因の一つに男性ホルモンがあります。
これは男性ホルモンであるテストステロンが変化して出来るあるホルモンに問題があるといわれます。
その「あるホルモン」とは何でしょうか?
それは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。
これは通称、DHTと呼ばれます。
脱毛ホルモンとも呼ばれ、このホルモンと毛乳頭の相性が薄毛になりやすいかどうかの分かれ目だと言われます。

男性ホルモンを抑制する事が薄毛対策の一つになるといわれます。
男性ホルモンの分泌が活発になるのは、思春期を過ぎた頃からです。
ニキビなどが増えるのも、男性ホルモンが原因だと言われます。

男性ホルモンによって皮脂の分泌が過剰になるといわれます。
皮脂が過剰に分泌されてしまっては、毛穴を塞ぎ、頭皮トラブルの原因となりえます。
これが、薄毛の原因といわれる理由の一つです。
毛穴がふさがってしまい、抜け毛を増やしてしまいます。

毛穴が詰まると皮脂が溜まって、そこで酸化してしまうのです。
するとクサイ頭皮などの原因にもなり、雑菌が大量に繁殖してしまいます。
角質層が厚くなってしまって、毛穴がジュクジュクになってしまうのです。

男性ホルモンと薄毛や抜け毛の関係には、量だけでなく感受性も関係していると言われます。
これは毛乳頭の男性ホルモンレセプター(受容体)が結合しやすい体質や遺伝の人は薄毛になりやすいといわれます。
AGAの原因の一つです。

ただし、この男性ホルモンが薄毛の全てではありません。
薄毛は色々な原因が重なり合って起きるので、人によってバラバラだといわれます。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。