長鎖分割ポリリン酸と育毛など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長鎖分割ポリリン酸という如何にも専門用語的な言葉をご存知でしょうか?
これは、育毛と非常に関係の深い成分です。
長鎖分割ポリリン酸はアメリカや欧州各国で認められた国際特許成分です。
何の成分かといえば、もちろん育毛に良いと言われる成分です。
髪を育てる毛母細胞の増殖促進剤として認められている成分なのです。

育毛剤で製品化されているものに、ポリピュアという育毛剤があります。
この長鎖分割ポリリン酸はシーエスシー株式会社による独占販売です。
そのため、長鎖分割ポリリン酸は非常に貴重な成分として日本に普及しています。

長鎖分割ポリリン酸と関係の深いのは、FGFと呼ばれる成分です。
これは元々人間の体の中に存在する物質で、非常にレアな物質です。
体外から摂取しようとすれば、1グラムあたり1億円くらいするらしいです。
とても高価すぎて手が出せませんね・・・。
どこかの大金持ちで薄毛に悩んでいる人とかなら、買えるのでしょうが。
一般庶民には雲の上のような話です。

そこで、買えないのなら元々からだの中にあるFGFを活性化させれば良いんじゃないの?
その考えから研究され、発見されたのが長鎖分割ポリリン酸なのです。
これは、FGFの働きを促すと言われています。
FGFとは、繊維芽細胞増殖因子と呼ばれます。
毛乳頭と呼ばれる髪のエンジン部分の細胞を増殖させる働きがあるといわれます。

FGFという物質も、長鎖分割ポリリン酸も始めて聞いたよ!ってひとも多いのではないでしょうか?
育毛剤の成分にも色々ありすぎて迷ってしまいますからね。
しかし、確実に育毛の分野は進化していますね。
そのうちハゲと言われる人がいなくなるのではないでしょうか?

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。