抜け毛診断を自分でしようなど、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜け毛を診断して自分の頭髪状態を把握しましょう。
簡単なセルフチェックについて紹介します。
抜け毛診断でキーになるのが、毛根と本数です。
毛根の診断方法から紹介します。

まず抜け毛を2,30本くらい集めてみます。
枕抜け毛やシャンプー抜け毛など、自然と抜けた髪の毛を集めます。
間違っても自分で力任せに抜くような事はやめましょう。

そのうえで、集めた抜け毛の毛根をチェックしてみて下さい。
毛根が細くなっていないか?
毛根がギザギザになっていないか?
毛根に白い物質(脂)が付着していないか?
大きく分けるとこの3つを診断してみます。

そのうえで、これらの症状が高確率で見られるようであれば、頭皮環境が良くないことが推測できます。
健康な状態の抜け毛であれば、毛根は痩せたりしません。
毛根は綿棒やマッチ棒のように、小さく膨れているのが正常な脱毛なのです。
ヘアサイクルという毛周期を経て、正常に抜けていった抜け毛は問題ありません。

しかし、異常な脱毛が多い人は薄毛になる危険信号(前兆)かもしれません。
ハゲたくない!と考えている人は、はげないためにまずやること。
それが、育毛です。

次に本数です。
コレに関しても、ヘアサイクルを経て正常に抜ける本数の目安があります。
正常な頭皮であれば、一日に100本くらいは抜けてもおかしくないと考えられています。
頭髪は10万本くらい生えています。
一日に200本とか抜け毛がある人は、異常な抜け毛が起きている可能性が高いです。
診断した結果、そのような結果になった人は、しっかりと育毛に取り組みましょう。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。