欧米人はハゲでももてるなど、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧米人にはハゲが多いです。
食生活や生活スタイルの違いなど、日本人に比べて薄毛やハゲが多い人種だと言われます。
そのためもあってか、文化的にもハゲに寛容な国が多いです。
日本においては、ハゲであることが恥ずかしいと感じる人が多い傾向にあります。
それに比べ、欧米の国の人たちはあまりハゲを気にしない傾向にあります。
ハリウッドスターなどにも、沢山ハゲはいますね。
いくらでもお金はあるはずですから、植毛とかでいくらでもカバーできるはずですね。
それでもしないところから、ハゲであることを隠す意識が少ないのだろうと推測できます。

それに比べて日本ではハゲに対してあたりが強い気がします。
人は見た目が9割と言われるくらいです。
まぁハゲでももてる人はもてるので、全てのハゲが嫌われるとは言えませんが。
それでも、ハゲていることを恥ずかしいとかんじさせる風潮がこの国にはあります。

欧米人のようにハゲでももてるためには、どうすれば良いのか?
これはやはりメンタルを鍛えるしかないでしょう。
メンタルがしっかりとしていれば、ハゲていることを笑いに代える事も出来るだろうし。
自信満々でいれば、ハゲていることを補っても余りあるくらいのオーラをまとえるかもしれません。

最近では、日本人でもスキンヘッドなどにしてハゲているのをオーぷんにしている人が増えています。
これは良い風潮だと感じています。
ハゲに対して寛容な文化に少しずつですが代わってきているのではないかと感じています。

私ももてたいので、ハゲですが育毛して回復させようと努力しています。
髪が無いと自身がもてない質ですので、開き直ることはメンタル的に無理です。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。