生え際後退が20代前半で起きたなど、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生え際が後退しました。
あれは、20代前半の23になる年だったと思いますが。
それはそれはショックでしたね。
大学生でしたので、一気に学校に行く気がなくなりました。
私の場合はM字型ハゲで急激に薄くなっていきました。
ハゲの前兆あ出たかと思ったら、速攻でした。
もともとハゲには敏感でしたが、育毛の「い」の字も実行していませんでした。
まさか、20代前半だしハゲることはないだろう。
そう思っていたのが甘かったのでしょう。

当時は連日徹夜で飲み会とか麻雀とかしていました。
アルコールも煙草も思うままに楽しんでいました。
アルコールの取りすぎはアセトアルデヒドを生成します。
体内で分解される事でこのアセトアルデヒドが生成されるのですが、この物質が血流を悪くしたりすると言われます。
また、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンの働きを促進するとも言われます。

煙草は百害あって一理なしと言われます。
血流が悪くなってニコチン依存症になる恐れがあります。
依存してしまって、外出の時に煙草がないだけで不安になったりします。
煙草を吸うスペースばかり探してしまったりします。

20代前半で育毛なんて出来るか!
そう考えている若い人も多いでしょうが、断言します。
20代前半でもはげるときははげます!
びっくりするくらい抜け毛が増えていき、あっという間に頭皮がすかすかになります。
これは私の体験談です。

煙草をすいすぎたり、アルコールを飲みすぎたり。
生活習慣の乱れは薄毛の原因として代表格です。
20代前半でもAGAは起こるという認識のもと、まずは基本的な生活習慣や食生活から始めてみましょう。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。