縮毛矯正でハゲる?など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クセ毛が気になる人は、定期的に縮毛矯正をかけているひとも多いでしょう。
天然パーマの人だと、その事がコンプレックスになっている人もいます。
実際、縮毛矯正をかけることでハゲになることはありえるのでしょうか?

一般的な見解として、ありえるようです。
薄毛の原因は一つではなく、様々な原因が重なっておきます。
そのため、その人の薄毛の原因を特定するのは困難な事です。
縮毛矯正している人で薄毛になっている人は、原因が縮毛矯正かもしれまんせん。
逆に、別の生活スタイルや食事、遺伝などが原因かもしれません。

ただ、縮毛矯正もパーマと同じですので、薬剤を頭皮や髪に付着して髪を変形させます。
第一液、第二液などと呼ばれる薬剤を使います。
具体的には第一液と呼ばれるアルカリ還元剤で、髪の繊維連鎖を破壊することで一旦髪の縮れを解きます。
そのあと、第二液と呼ばれる酸化液で第一液で分解した繊維連鎖を再度結び付けます。

この薬剤が人によっては、薄毛の原因になるといわれています。
薬剤ですので、どうしても頭皮などにダメージを与えやすいのです。
頭皮環境が荒れてしまい、フケやかゆみ、ニキビや炎症などが多発する事になっては薄毛につながります。
頭皮が敏感な人やアレルギー体質の人ほど、頭皮への影響は出やすいようです。

普段から縮毛矯正をかけている人で、薄毛が気になる人。
どうしても縮毛矯正は外せないと言うことであれば、それ以外の育毛対策に力を入れるのが良いでしょう。
食事や生活スタイルをただし、薄毛体質を改善することに努める。
禁煙なども髪には非常に良い習慣です。
これは育毛において基本中の基本です。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。