妊娠中の髪染めはダメ?など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊婦さんでカラーリングしたいなぁと考えている人。
妊娠中の髪染めは胎児に影響があるのでしょうか?
これには諸説ありますが、妊娠中は髪を染めないほうが良いでしょう。
疑わしき事は控えるべきです。
妊娠中は胎児に悪いかも?と言われることは避けるべきでしょう。
もちろん、髪染めが良くないかどうかは分かりません。
医学的にも根拠はないようですし、人によっては何も考えずに髪を染めている人もいるでしょう。

ただ、心配でこうやってネットで調べているのであれば髪染めは我慢したほうが無難でしょう。
プリン頭になってきてダサいんだよねぇという奥様もおられるでしょうが、無事出産するまで我慢しても良いのではないでしょうか?
100パーセント問題ないという根拠が無い限り、私は控えるべきだと思います。
美容室などによっては妊婦さんのカラーリングやパーマを拒否する場合があるようです。


理由としては例えば、カラーリング剤の臭いで気分が悪くなる可能性がある、とか。
カラーリングの際に一定の体勢を保つ事になるため、体に負担になるから、とか。
あとは、ホルモンバランスの乱れなどで皮膚に刺激が強くなって炎症する恐れとか。
妊婦さん側の健康に配慮したものだと考えられます。
女性の体は複雑ですし、ホルモンバランスが乱れる事で様々な変化が起きます。
いつも使っているカラーリング剤で髪染めしようとしたら、頭皮が荒れてしまった。
そんな経験をされた妊婦さんも多いようです。

やはり妊娠中の髪染めは控えるほうが無難でしょう。
妊婦さんとお腹の赤ちゃんのためにも、不確定な危険因子は排除して生活することが大切です。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。