頭皮皮脂の役割など、育毛で薄毛を回復しましょう。ハゲを克服して楽しい人生を送りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭皮の皮脂は取り除く事が大切だ!そういった間違ったイメージがまかり通っている印象を受けます。頭皮の皮脂を取り除く事こそが育毛だと言わんばかりに、CMなどで皮脂除去力をアピールするシャンプーが多い気がします。このような宣伝の仕方では、皮脂を取り除く事ばかりに育毛対策している人が増えても仕方ないでしょう。しかし、皮脂を良く落とすシャンプーなどで皮脂を取り除きすぎれば当然、頭皮の健康状態は保てません。皮脂は非常に大切な役割を担っているからです。皮脂に含まれるワックスエステルという成分をはじめ、皮脂は無くてはならない役割を演じています。

頭皮のワックスエステルは、外部からの細菌などの侵入を防ぐ働きや乾燥から防ぐ保湿機能などの働きをしています。皮脂を取り除きすぎれば、頭皮はカサカサに乾燥してしまい、炎症やニキビなどの原因となってしまうので注意が必要です。乾燥した頭皮では健康な髪など育ちようがありません。洗浄力が強すぎるシャンプーでは、皮脂が足りなくなってしまい細菌に攻撃されて炎症したりする恐れがあります。頭皮の皮脂の役割をしっかりと理解する事だけでも、知らない人に比べれば一歩前進できるでしょう。

皮脂を適度に残して汚れを落としてくれるお勧めのシャンプーはアミノ酸系のシャンプーです。頭皮はタンパク質で出来ており、そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。各種アミノ酸とか18種類のアミノ酸などと表現されます。頭皮と同じ成分で洗浄することで、刺激が優しく適度に皮脂量を保ってくれると人気です。頭皮に大切な役割をするワックスエステルを適量残しながら、育毛に取り組むことが大切です。

最新記事

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。